市場系システム開発のポイント

市場系システム開発のポイント

 

市場系システム開発のポイント

市場系システム選定後システム開発をどのように進めるか、悩む担当者の方も多いのではないでしょうか。本稿では、システム選定後導入までのシステム開発について注意すべきポイントについて解説していきます。

 

システム開発の流れ

システムの開発プロジェクトについては、ウォーターフォール型という開発手法を採用するのが一般的です。ウォーターフォール型開発とは、滝(Waterfall)の水が落下するように進められる開発手法です。ウォーターフォール型開発の流れは、以下の通りです。

 

工程

内容

要件定義

解決したい課題や、実装すべき必要な機能を定義し確定させ、作成するシステムやプログラムで満たす要件を決める。

基本設計

要件定義書に基づき、主に画面やアウトプット帳票など、外部から見える部分のプログラムの設計を行う。

詳細設計

要件定義書・基本設計書に基づき、実際にプログラムが動く内容など内部動作の設計を行う。

開発

基本設計書・詳細設計書の内容に基づき、実際にプログラミングを行う。

単体テスト

プログラム単体で、詳細設計書の内容通りにプログラムが正常に動作するか確認する。

結合テスト

複数のプログラムで連携して、詳細設計書の内容通りにプログラムが正常に動作するか確認する。

総合テスト

システム全体で、詳細設計書の内容通りにプログラムが正常に動作するか確認する。総合テスト完了によりシステムは完成し、ユーザのUAT(*1)による確認を受けることとなる。

UAT

ユーザが、完成したシステムについて納品を受けて問題ないか、最終的に確認するテスト。ユーザの確認終了後に、システムがリリースされる。

  (*1):User Acceptance Testの略。システムの開発を外部に委託した場合に、その最終段階で、完成したシステムの納品を受けるか否かをユーザが判定するためのテスト。

 

 

以下、各工程における注意ポイントを解説していきます。

 

  • 要件定義

ユーザがシステムに対して求める要件をまとめた書類を、要件定義書と言います。要件定義書の作成は、①ユーザが自ら作成する、②ユーザの会社のシステム部門に要件を伝え、システム部門が作成する、③ユーザがシステムベンダに要件を伝えて、ベンダがそれに基づき要件定義書を作成し、最終的にユーザが要件定義書を承認して確定させるEUD(*2)方式の3パターンがあります。しかし、いずれの場合も、ユーザは期待要件を詳細かつ正しくベンダに伝える必要があります。ユーザの市場業務に対する理解と同じレベルで、自社のシステム部門やベンダが市場業務を完全に理解しているとは限りません。例えば、新商品追加のシステム開発の場合は、想定している取引概要・資金決済方法・経理仕訳のパターン・出力すべきリスク指標等の期待要件をより一層わかりやすく伝えなければなりません。また、出力すべき帳票などがある場合は、利用目的・管理したい内容を伝えるとともにその様式案を作成して提供すれば、要件はかなり明確になるでしょう。

(*2):End User Developmentの略。ユーザ部門が自社のシステム部門を通さず、ベンダに直接依頼してシステムを開発すること。

 

  • 基本設計

基本設計書はユーザが求める機能を実現するために、そのシステムの概要を記述するものです。基本設計書には、主に画面やアウトプット帳票など、ユーザ視点の情報を記載するほか、マーケットレートの取得方法、経理仕訳のホストへの連携方法、連携項目など、データと処理の関係も記載します。基本設計書はベンダが作成しますが、この内容については、ベンダから説明を受けて、しっかりと確認する必要があります。基本設計書自体に誤りがあると、できあがるシステムも誤ったものとなってしまうためです。EUDの場合は、システムの専門家ではないユーザが確認するのはむずかしい面もあると思いますが、ベンダからしっかりと説明を受けて確認することが大切です。

 

  • プロジェクト計画

基本設計書の確認が終わる頃には、最終的にスケジュールも確定し、開発プロジェクト計画が確定するはずです。ベンダの提示するスケジュールに問題ないか、またベンダの体制に問題ないかをヒアリングして確認しましょう。他システムとの連携がある場合は、連携先システム担当ベンダと協調して実施する試験計画の実現性に問題ないかも確認しましょう。EUDの場合は、自社内で開発のためのリソースが確保できているかという観点も大切です。またユーザとしては、UAT環境にリリースされてからUAT実施、システム本番リリースのための社内承認手続等にかかる期間を考慮して、リリースまでのスケジュールに問題ないか、検証を行いましょう。

 

  • 詳細設計、開発、単体テスト

基本設計書の確認終了後は、詳細設計、開発、テストと進んでいきます。これらの工程は、要件定義・基本設計のようなレベルでの確認は必ずしも必要ありませんが、スケジュール通り進捗しているか、ベンダから定期的に報告を受ける必要があります。もし当初のスケジュールから遅れが生じた場合には、その発生原因・遅れを回復するための対策を検討します。検討の結果、システム品質に懸念が生じる場合は、リリーススケジュール変更の検討も必要でしょう。

 

  • 結合テスト、総合テスト

ベンダが行うテストのうち結合テスト・総合テストは、システムの品質を確保するために、それぞれ計画・結果段階でしっかりと確認することが必要です。

テスト計画の説明を受けるときに確認するべきポイントとして、①テスト件数は開発規模に応じて妥当か、②テストケースの網羅性に問題ないか、といったことが挙げられます。①については、試験密度(*3) の目標値の妥当性・設定理由を確認しましょう。自社内で試験密度の指標となる数値があればそれとの比較となりますが、自社内で指標となる数値がなければ、ベンダから目標値の妥当性について説明を受けて確認することとなるでしょう。②テストケースの網羅性については、ベンダはシステム的観点からその網羅性を確認しますが、業務的観点からの確認は十分に行えないことも考えられます。ユーザとしては、業務運営の観点からテストケースに漏れがないか確認することが大切です。

(*3):試験密度とは、開発規模に対するテスト件数の割合。

テスト結果は、①定量評価、②定性評価、の2つの観点から確認します。①定量評価は、試験密度、バグ密度(*4)が目標値の範囲内か、目標値からはずれている場合はその妥当性を検証します。試験密度が目標値を下回っている場合は、必要なテストが十分に行われていない可能性があります。バグ密度が目標値を上回っている場合は、プログラムの品質に問題がある可能性があります。逆にバグ密度が目標値を下回っている場合は、テストケースが足りないなどの事情により、不具合を十分に検出できていない可能性があります。このようなことを考慮して、試験密度・バグ密度の結果から、開発したプログラムの品質を評価します。②定性評価は、テストを実施した結果、不具合が出た項目について、その事象・原因ついてベンダから説明を受けて、問題がないかを確認します。不具合が出た場合は、当該事象についての対応のみでなく、類似機能について横展開調査を実施し、同様の不具合が発生しないかを確認することが、極めて大切です。また、要件がベンダに正しく伝わっているか不安が残るときは、ベンダのテストにおける帳票等のアウトプット例の提示を受けて、期待通りのアウトプットとなっているか確認しておくと、UAT後に不具合を発見して課題解消に時間がかかるのを防ぐ効果があります。

 (*4):バグ密度とは、開発規模に対する不具合件数の割合。

 

  • UAT

UATフェーズでは、日々の業務で考えられる業務フロー・オペレーションの内容を鑑み、ユーザ自身で作成したテストシナリオに沿った形で試験を実施していきます。また、業務機能面の観点だけでなく、各種業務処理(例:約定登録、時価評価、VaR計算)が想定した処理時間に収まっているかどうか、性能面についても確認しましょう。

UATにおいて不具合を検出した場合は、ベンダにプログラムの修正を依頼します。UATを終えて、プログラム納品行為が完了してしまうと、そのあとに不具合を見つけたとしても、契約内容によってはプログラムの修正してもらえない場合があります。UATはこのように大事なテストですので、テストケースの網羅性に十分留意し、しっかりとテストを行いましょう。また不具合を検出した場合には、ベンダのテストにおける不具合と同様に、その原因・類似の他機能への横展開調査結果・対応状況をしっかりと確認するとともに、システム改修後の再テストにおいて、問題ないかしっかりと確認しましょう。

 

まとめ

本稿では、市場システム選定後導入までのシステム開発における注意ポイントについて解説させていただきました。

システム選定後のシステム開発については、システム要件を詳細に正しくベンダに伝え、開発進捗状況を適切に管理することが重要です。

また、テストフェーズにおいてはベンダのテスト結果の確認およびUATの実施により、完成したシステムの品質に問題ないことを確認して、システムリリースを迎えましょう。

 

市場システム選定のポイントついては、以下の記事でご紹介しておりますので、そちらもご参照ください。

市場系システム選定のポイント 前編

市場系システム選定のポイント 後編

 

弊社パッケージ「Prélude Enterprise(プレリュード エンタープライズ)」のシステム構築事例、実績等については以下に資料をまとめておりますので、フォームに必要事項を記入の上ダウンロードいただけます。

金融市場系システム Prélude Enterpriseのご紹介